白髪染めとダメージ

白髪染めとダメージ

白髪染めとダメージ

白髪染めをしたい気持ちがあっても、美容院のための時間がない人もいます。
そして、自分の家でケープを利用したり床にこぼしても大丈夫なように新聞紙を敷くなどの準備は厄介だと思う人もいるでしょう。

そういう考えの人に一押しなのが、シャンプーと共に染められる白髪染めです。
種類によっても違いますが、大半の商品は、素手で使っても問題ありません。
これは、手についてしまったとしても、すぐに落とせるからです。

一般的なヘアカラーやヘアマニキュアなら、一度手に付くと、すぐには落とせません。
ですから、ゴム製やビニール製の手袋を使って染めなくてはなりません。
ですが、シャンプータイプの白髪染めであれば、お風呂場での使用が想定されていますので、素手で行うことが出来ます。
大抵は、先に普通のシャンプーできれいに洗ってから使用することになっていますが、仕様は商品によって違いますので、使い方をよく見てから染め始めましょう。

それから、白髪の量が増えてくると継続的に染めることになるので、髪へのダメージは高くなります。
シャンプータイプのものなら、大抵トリートメント効果も期待できます。
それゆえ、白髪染め後にトリートメントをつけなくても、髪へのケアが出来ます。
どのような色の種類があるのか、商品によって異なります。

白髪染め用のシャンプーは、選べるカラーが黒か茶の二通りしかないと誤解している人も少なくないでしょう。
少し前だと、この二色しかない場合がありましたが、最近では幅広いカラーが発売されており、希望する髪色に近いものを選択出来るようになりました。


ホーム RSS購読 サイトマップ