白髪染めの放置時間

白髪染めの放置時間

白髪染めの放置時間

市販されている白髪染めを使った経験がない人は、どうやって使うのかが分からずに困惑するかもしれません。
商品によって使い方が違うため、第一に取扱説明書を十分に読みましょう。
中でも注意すべきなのは放置時間になります。

最長でも40分以上放置しないでください、というように明記されている商品はそれより長く放っておいても、染まり度合に変化はありません。
色が変わらないだけでなら問題ありませんが、結果髪へのダメージが増加しますので注意しましょう。

寒い季節に毛染めを行う時は、暖かくない部屋で染めると、期待通りのカラーにならないことがあります。
ですから、部屋の中の温度は低くなりすぎないようにしておくと良いでしょう。
そして、毛染めに便利なヘアキャップが付属している商品もあり、それらを使用すれば、色ムラなく染めることが可能です。

ヘアキャップだけでも販売されているので、白髪染めに付属でなかった場合は別個に用意することをおすすめします。
死角になる部分も一人できちんと染めるためには、ブロッキングを数多くするのがポイントです。
なるべく5箇所より多くの部分に分けてピンやヘアゴムなどで留めておき、根本までムラなく塗れるようにするといいですね。

それでも、頭の裏側は一人では上手に染めるのが非常に困難です。
自分だけで行うと色ムラになって気になってしまう場合は、家族や友達に手伝ってもらうのが得策でしょう。
白髪染め液が十分にないとムラの原因になりますので、髪の量が多い人は余分にもう一箱購入して始めるようにしましょう。

新宿区のおすすめ美容外科はこちら

新宿美容外科クリニックは、豊富な痩身メニューで手軽に痩せたい方から短期間で効率的に痩せたい方まで、様々な施術方法を患者さまの状態や希望によって提案しています。
また美容皮膚科にも力を入れているので、ケアをしていたのにできてしまったシミにも効果的に治療することができます。
さらに、院ごとのお得なプランも載っているのでお見逃しのないようにチェックしてみてください。


ホーム RSS購読 サイトマップ